YouTubeでハッシュタグを付ける5つの大きな効果

YouTubeで ハッシュタグを付ける 5つの大きな効果

YouTubeのハッシュタグをどのくらい考えて設定していますか?

トップYouTuberでもハッシュタグを設定しているかどうかは分かれますが、特に開設初期だったりあまり伸びていないチャンネルは活用すべきだと言えます。

今回はYouTubeのハッシュタグを設定する事で得られる大きな効果や、どのように選べば良いか等を幅広く解説していきます。

本記事のポイント

  • YouTubeのハッシュタグは、視聴者の検索性向上の為に作られた機能
  • 上手く活用すると、開設初期でも流入を得られる可能性がある
  • キーワード対策と並行して行うのが効果的
  • 時短の為にもキーワード対策はツールを活用するのが大事
  • おすすめのツールは「YT Rival Finder」
  • ワンタップで穴場キーワードを探し出すことができるので、効率的にチャンネルを伸ばしていける

youtube-keyword reserch tool

YT Rival Finderを見てみる

 

YouTubeのハッシュタグとは?

YouTubeのハッシュタグとは「#〇〇」と書いてある文字の事。

YouTubeのハッシュタグは、タイトルの上と動画の説明欄の最下部の2箇所に表示されます。

youtube-hashtag-place

またあまり使っている人はいませんが、ご覧のようにタイトルの中にハッシュタグを使用する事も可能。

youtube-title hashtag

TwitterやInstagramでもハッシュタグはありますよね。YouTubeのハッシュタグでも他のSNSと同様の機能を持っています。

YouTubeのハッシュタグの付け方

YouTubeの動画にハッシュタグを付けるのは非常に簡単。

YouTube Studioでアップロードした動画の説明欄の一番下に入力するだけです。

youtube-how to set hashtag

(「#」は半角で入力しないとハッシュタグとして反映されません)

説明欄に入力すると、自動的にタイトルの上にもハッシュタグが表示されるようになります。

youtube-japan official channnel-hashtag

タイトルの上に表示されるハッシュタグは3つまでなので、上記画像のように4つ以上設定した場合には最初の3つが適応されます。

ちなみにタイトル内でハッシュタグを使用した際には、説明欄に記載してもタイトル上には反映されない仕様になっているようです。

YouTubeのハッシュタグの効果

YouTubeのハッシュタグを付ける事で、どんな効果があるのかを見ていきましょう。

視聴者が動画を探しやすくなる

YouTubeのハッシュタグの最大の効果は、視聴者が動画を探しやすくなる点。

YouTubeヘルプにも記載されているように、ハッシュタグはそもそも視聴者が自分の関心のあるコンテンツを見つけやすくなるように導入された機能。

youtube-hashtag-audience search video

ハッシュタグをクリックするだけで、関連した動画にアクセス出来るようになっています。

関連動画に表示されやすくなる

ハッシュタグには、YouTubeに動画の内容を伝える効果があります。

例えば、「#筋トレ」「#ダイエット」「#減量」の3つを動画のハッシュタグに設定していると、YouTubeがダイエットや筋トレに関するコンテンツだと理解してくれます。

youtube-tell what content is

YouTubeはユーザーの視聴履歴等から1人1人に表示する動画を決めているので、上記画像の動画は同様にダイエットや筋トレに興味のある人にレコメンドされます。

つまり動画に関連性の高いハッシュタグを設定しておくことで、似た内容の動画再生時に関連動画として表示されやすくなるのです。

試しに実際に「#筋トレ」「#ダイエット」というハッシュタグが付いたコンテンツの関連動画欄を見てみます。

youtube-muscle diet-related video

ご覧のように、ダイエットや筋トレ関連の動画が関連動画欄に表示されています。

試しに関連動画に表示している中の2つを見てみます。

youtube-training diet-hashtag

「#筋トレ「#ダイエット」や「#痩せる」等の関連するハッシュタグが使われている事が分かります。

チャンネルの動画を整理するのに役立つ

YouTubeのハッシュタグを使うと、自分のチャンネルの動画を上手くカテゴリー化して結びつける事も可能です。

動画をカテゴリー化する方法としては、再生リストがあります。

youtube japan official-view list

ハッシュタグも上手く使うと再生リストと同等の機能を持つ事が出来るのです。

例えば、NASAの公式チャンネルでは「#AskNASA」のハッシュタグを使って、NASAで働く様々な専門家が視聴者から募集した質問に回答するQA動画を簡単に見つけられるようにしています。

youtube-nasa-question hashtag

動画のタイトルについたハッシュタグをクリックすると、過去の「#AskNASA」企画のコンテンツにアクセス出来ます。

youtube-asknasa-old content

このように自分のチャンネルの中で特定のコンテンツにアクセスしやすくする為の方法としても、ハッシュタグは効果を発揮するのです。

YouTube SEOに良い影響を与える

ハッシュタグを使用すると、YouTube SEOに間接的に良い影響を与えます。

というのも視聴者が動画を見つけやすくなる程、視聴回数・高評価・コメント・共有等が増える可能性があるからです。

また先程も解説した通り、ハッシュタグはYouTubeに動画の内容を伝えるのに貢献します。

つまり特定のキーワードで検索した際に、関連したハッシュタグを付けている動画は、キーワードとの関係が深いと判断され結果的に上位表示される可能性が向上。

ご覧のようにハッシュタグが付いていなくても上位表示されている動画もあるので、付けているとYouTube SEOに絶対的な影響を与える事はありません。

youtube-not hashtag-top display

しかし特に開設初期のチャンネル等は、YouTube側にどんなコンテンツを投稿するのかを把握されていないので、ハッシュタグを使ってアピールする事をおすすめします。

YouTubeが動画の内容を把握出来るようになる事で、結果的に上位表示されやすくなるはずです。

開設初期チャンネルでも流入を得られる可能性がある

ハッシュタグを付けて動画を投稿すると、仮に開設初期のチャンネルでも流入を得られる可能性が。

というのも、YouTubeのハッシュタグ検索はトレンド性を話題性を重視したものなので、最新の動画が上位に表示される可能性が高いのです。

例えば「#サッカー日本代表」で検索してみます。

youtube-Japan national football team

2,3年前に投稿されて圧倒的に再生されている動画も出てきましたが、1,2週間以内にアップロードされた再生数も登録者数もあまり多くないコンテンツも上位表示されている事が分かります。

特に5位に出てきた動画は登録者数428人のチャンネルのもので、289回視聴で上位表示されています。

つまり検索したハッシュタグと関連性が高いと判断されれば、開設初期で登録者がほとんどいないチャンネルの動画でも上位表示されて、流入を得られる可能性があるのです。

YouTubeで効果のあるハッシュタグを探す方法

YouTubeでハッシュタグを付ける効果を解説してきましたが、実際にどんなタグを付ければ良いでしょうか。

我流で動画毎に関連するキーワードを考えて付けても良いですが、どうせハッシュタグを活用するなら出来るだけ多くの効果が得られるものを探したいですよね。

ではどのように効果のあるハッシュタグを探せば良いか見ていきましょう。

トレンドの動画から探す

まずはトレンドの動画から探す方法。

トレンド動画は、現在進行形話題になっているコンテンツなのでYouTubeの「急上昇」から探せます。

youtube-hashtag search-Soaring

急上昇に載っている動画の中で、自分のチャンネルに関連性の高いものがあれば、使用しているハッシュタグを真似るというもの。

ただおそらく急上昇に載っているコンテンツのほとんどは、自分のチャンネルとは関連性が低いものだと思うので、必ずしも毎回使用できる方法ではありません。

では自分のチャンネルに近いジャンルに絞ってトレンドの動画を探す方法を紹介します。

今回はメンズ美容のチャンネルを運営していると仮定して調べてみましょう。

YouTubeで自分のチャンネルに関連するキーワードを検索してみます。「メンズ美容」と検索すると、ご覧のように少し前の動画が上位に表示されていました。

youtube-mens beauty-top display

フィルターでアップロード日で「今週」を選択します。

youtube-filter-this week

1週間以内に投稿された動画のみが表示されます。

youtube-mens beauty-this week

上位表示されている動画の中から、しっかりと再生されている動画を探し出します。

例えば2位に表示されている動画は13万回再生されていますが、投稿者のチャンネル登録者数を見ると、7.74万人です。

youtube-akunyann channnel-Registered person

つまり「再生数>=登録者数」なので先程のメンズ美容の動画は、登録者以外にも多くリーチしているトレンド動画であるという事。

このように自分のチャンネルに関連するキーワードで検索してトレンド動画を探して、使用しているハッシュタグを使うと流入を多く得られる可能性があります。

競合チャンネルの人気動画から探す

競合チャンネルの人気動画から探す方法もあります。

先程の方法と似ていますがトレンドの動画のみに着目するのではなく、チャンネルの中でも最も再生されているコンテンツに焦点を当てるのです。

例えば以下チャンネルを見てみます。

youtube-aonina kitchen channnel

最も再生されているコンテンツは「人気のアップロード動画」を見れば簡単に分かります。

現在のチャンネル登録者数が約8万人なので、最も再生されている動画は89万回とかなり視聴されている事が分かります。

動画に使用されているハッシュタグを見てみましょう。

youtube-aonina channnel-most popular video

「#作り置き」「#作り置きおかず」「#作り置きレシピ」の3つのハッシュタグを使用していますね。

「#作り置きレシピ」で検索してみましょう。

youtube-Pre-made recipe-top display

先程のチャンネルと投稿者が同じ動画とバズっているもの以外にも、あまり再生されていない動画が上位12位までに入っています。

特に6位のコンテンツの投稿者のチャンネルを見てみると、登録者は非公開でしたが開設初期で各動画もあまり再生されていませんでした。

youtube-slow life channnel

人気動画は恒常的に再生されているので、使用しているハッシュタグを真似ると自分のチャンネルに流入する可能性も大いにあります。

YouTubeの検索から探す

最後にYouTubeの検索から探す方法です。

YouTubeの検索窓に「#」を入力すると、現在最も人気のあるハッシュタグが表示されます。

youtube-hashtag search

また「#r」や「#料理」等と入れると、頭文字や語頭に「r」や「料理」が入ったハッシュタグで人気のものが表示されます。

youtube search-trend hashtag

人気のハッシュタグは使用しているチャンネルも多いですが、上位表示されると多くの流入が得られます。

人気のものを探したい場合は、こちらの方法でリサーチしましょう。

YouTubeのハッシュタグを付ける上での注意点

YouTubeでハッシュタグを付ける方法や効果のあるものの探し方については理解出来たかと思います。

ただハッシュタグを付けるに当たっては何点か注意点が。どれも大事な事なので必ず抑えておいて下さい。

ハッシュタグは強力なパワーを持つものではない事を意識する

YouTubeのハッシュタグの様々な効果を今回の記事では解説してきましたが、ハッシュタグは強力なパワーを持つものではありません。

YouTubeも成功を約束または保証するものではないと明言しています。

youtube-hashtag-Not always successful

These strategies are suggestions pulled from our experience with YouTube creators and are not promises or guarantees for success.

(日本語訳)

これらの戦略は、私たちのYouTubeクリエイターとの経験から得られた提案であり、成功を約束するものではありません。

他の動画からハッシュタグを経由して自分のチャンネルにやってくる事もありますが、ハッシュタグからの流入が中心になるような事はないでしょう。

YouTubeの主な流入元は「キーワード検索」「関連動画」の2つ。

ハッシュタグ検索は開設初期のチャンネルでも勝てる可能性がありますが、ハッシュタグを辿る人よりもキーワード検索する人の方が絶対的に多いので、キーワード対策も並行して進めるのがおすすめです。

キーワード対策とは、簡単に言うとYouTube内で特定の言葉で検索した際に上位表示されるようにする事。

youtube-hashtag plus keyword

ハッシュタグでもキーワード検索でも共に上位を取れるキーワードが増えれば、どんどんチャンネルを伸ばしていけます。

ただどんなキーワードで上位を狙うかは、競合動画の強さやそもそもの検索数等を全て調べる必要があり、とても大変。

例えば先程も例に出した「作り置きレシピ」で検索してみると、上位動画は登録者数の多い人気チャンネルのものばかりです。開設初期で上位を狙うのは難しいでしょう。

youtube-Pre-made recipe-top display

しかし少しキーワードをずらして「作り置き おかず メイン」で検索すると、一番上に先程紹介したチャンネルの動画が出てきました。

youtube-Side dishes-main-top display

 

このようなキーワードを狙った上で、ハッシュタグには先程も紹介した「#作り置きレシピ」等と付けると、両方からの流入を得られる可能性があるので効果的なのです。

キーワードを探す為に、候補のワードを出して全てをYouTubeで検索して、現在上位表示されている動画の強さを見て、そもそものインプレッションを見る…

他にも見たい要素は多くあるので、1つの動画だけでこれだけの工程を要したら時間がいくらあっても足りません。

おすすめなのは「YT Rival Finder」というツールを使う方法。

yt rival finder-Pre-made recipe

 

ご覧のようにツール内で検索すると、他の候補のワードと合わせて様々な情報を教えてくれます。

例えば「月間Imp/関連動画本数」の数字が大きければ、「動画の需要が高いのに対して供給が少ないキーワード」だと判断可能。

これらの情報をたったワンタップで知れるので、かなりの時短になる事が理解できるかと思います。

YouTube内のキーワード対策をYT Rival Finderを使って行い、合わせてハッシュタグも上手く活用すると、効率良くチャンネルを伸ばしていけるでしょう。

YT Rival Finderを見てみる

視聴者を離脱させる可能性もある

注意点というより把握しておくべき事実として、ハッシュタグを使用すると視聴者を動画から離脱させてしまう可能性があります。

というのもハッシュタグは動画のすぐ下に表示されています。

youtube- Hashtag below the video

動画を訪れた視聴者が気になるハッシュタグを見つけた際、クリックされると自分のチャンネルから離れてしまいます。

逆に他のチャンネルから自分の動画に流入する可能性もあるので、仕方の無いことですが、離脱する可能性がある事は覚えておきましょう。

ブランドハッシュタグと呼ばれるものを使用すると、視聴者をチャンネル内に留めておく事も可能です。

ブランドハッシュタグとは、自身のチャンネル名などの独自のハッシュタグの事。

例えば人気チャンネルの「ブライトサイド | Bright Side Japan 」は、各動画で「#ブライトサイド」というブランドハッシュタグを使用しています。

youtube-bright side-brand hashtag

ハッシュタグを押して「#ブライトサイド」の動画一覧に移ってみても、出てくるのは自分のコンテンツばかりなので、動画からは離脱するもののチャンネル内に視聴者を留めたままにする事が可能。

youtube-bright side-search result

YouTubeのハッシュタグのポリシーを守る

YouTubeに記載されているハッシュタグのポリシーを見てみます。

  • スペースを入れない: ハッシュタグにスペースを挿入することはできません。ハッシュタグとして 2 つの語句を使いたい場合は語句を連結します(#TwoWords、#twowords など)。
  • 大量のタグ: 1 本の動画に対して大量のタグを登録しないでください。タグの数が多くなると、検索している視聴者にとって関連性が低い動画が表示されるようになってしまいます。1 本の動画に 15 個を超えるハッシュタグを追加すると、その動画のすべてのハッシュタグが無視されます。タグの数が多すぎる場合、アップロード動画や検索結果から動画が削除されることがあります。
  • 誤解を招くコンテンツ: 動画と直接関係のないハッシュタグを追加しないでください。誤解を招くようなハッシュタグや無関係なハッシュタグは、動画が削除される原因となります。詳しくは、誤解を招くメタデータに関するポリシーをご覧ください。

YouTubeヘルプより引用

ハッシュタグは多く入れる程、多くのチャンネルから視聴者が流入する可能性があると考えるかもしれませんが、1つの動画に入れれるのは最大でも14個まで。15個以上入れると、全てのハッシュタグが無効になります。

またハッシュタグが多すぎると、YouTube側に何の動画かを伝えるのが難しくなるので、1つの動画に対して3~5個程度に抑えておきましょう。

更に人気のハッシュタグから流入する事を考えて、動画と全く関係のないものを付けるのはNG。

動画と関係ないので上位表示される事がないので意味がないだけでなく、ひどい場合にはYouTubeに削除される事もあるようです。

YouTubeポリシーから考えても、自分の動画に関するハッシュタグを3~5個が最適だと思われます。

【まとめ】YouTubeのハッシュタグの効果を享受してチャンネルを伸ばそう

YouTubeのハッシュタグの大きな効果や探し方等を解説してきました。

ハッシュタグは元々、視聴者が自分の関心のあるコンテンツを見つけやすくなるように導入された機能。なので逆を返すと、上手く付けると動画がユーザーの目に入りやすくなります。

ただハッシュタグからの流入が大部分を占めるようなチャンネルを作るのは難しいので、キーワード対策と並行して取り組むのが効果的。

ハッシュタグでもキーワード検索でも共に上位を取れるキーワードが増えれば、どんどんチャンネルを伸ばしていけます。

上位を狙えるキーワードを探すのにおすすめのツールは「YT Rival Finder」

狙うキーワードを狙う上で必要な情報をワンタップで取得出来ます。価格も月々3,980円と1日あたりコーヒー1杯分の価格で利用出来るので、是非試してみて下さい。

YouTubeのキーワード対策におすすめのツール

YT Rival Finderを見てみる

記事の監修

ジン

YouTube運営のノウハウやニュース、コミュニティ設計について.│漫画動画ch(事業譲渡済),Vtuberを使ったアフィ(7桁)など多数.│メルマガでは各種SNSの運営手法やTwitterで書ききれない話を発信中(毎週土曜,19:00).│再生回数が上昇するYouTubeツール→https://tube-box.com

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です