YouTubeの低評価はチャンネルにどのような影響を与えるのか?

最近では、一般の方でもYouTubeの動画投稿にチャレンジしているケースがよく見られるようになりました。

しかし、その中には「投稿した動画に低評価がついてしまう……」「低評価がつくと収益に影響があるのだろうか……?」など、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、YouTubeの低評価が与える影響や、低評価への対処法をご紹介します。

低評価について困っている方は、ぜひ一度参考にしてみてください。

 

POINT

  • 低評価は、収益や検索順に直接の影響を与えない
  • アルゴリズム的には評価されないよりも、低評価でも付いていた方が良い
  • 一方でYouTubeから評価されるためには、質の高い動画作成が必須
  • 動画作成に重要なリサーチツールとしては、YT Rival Finderがおすすめ
  • 短時間で上位表示されている動画の全情報を表示可能

  • ytrival-finder

    Rival Finderで再生数が伸びるキーワードを探す

     

     

    YouTubeの低評価にはどのような影響がある?

    youtube-bad-effects
    まずは、本記事でのポイントである「YouTubeの低評価はチャンネルにどのような影響を与えるのか」についてお話ししていきます。

    具体的な3つの観点から説明するので、ぜひ参考にしてください。

     

    ・検索順位への影響

    youtube-engagement-seo
    低評価は検索順位に影響して、チャンネルが伸びにくくなるといったイメージを持たれている方もいるかもしれません。

    しかし、結論としては「低評価=動画の質が低い」わけではないため、低評価がついても直接的に検索順位に影響を与えることはないと言えます。

    もし低評価がつくことで検索順位に影響してしまうのであれば、アンチが多いとチャンネルが伸びにくいことになりますが、現に多くの低評価を集める炎上系と呼ばれるYouTuberを見ると、チャンネルがずっと伸び続けているケースもあります。

    つまり、いくらあなたのYouTubeの動画に低評価がついたとしても、それだけが原因で上位表示されなくなるといったことはないようです。

    その一方で、低評価が間接的に影響を与える可能性は考えられます。

    YouTubeの動画に低評価がついているということは、「動画の質が低いんじゃないのか……」「この動画を見る価値ってあるのかな……」といったような印象を持たれる恐れがあります。

    そうすると、視聴後すぐに離脱したり、高評価をつけてもらえなかったりと、YouTubeから評価されにくいことになってしまいます。

    このように、低評価の割合があまりにも多いと、間接的に検索順位に影響を与えてしまう可能性は否定できません。

    低評価を過度に恐れる必要はないですが、やはり高評価をしてもらえるような動画作りが大切だと言えますね。

     

    ・動画収益への影響

    youtube-bad-revenue
    YouTubeの動画に低評価が増えたとしても、動画収益には影響しません。

    なぜなら、動画収益は高評価や低評価の数に左右されないからです。
    もっとも、迷惑行為などで、低評価が多い、といったケースであれば、収益が剥奪されるというケースもありますが
    低評価は直接動画収益には影響しません。

    ちなみに、YouTubeの動画収益を決めている要素は例えば以下の通りです。

    • 視聴回数
    • 視聴時間
    • 視聴属性
    • 動画の再生率(リピート)

    YouTubeの動画収益を上げるには、上記の数値を最大化させる必要があるので、低評価をつけられたとしても動画収益には影響がないということですね。
    低評価を気にするよりも、いかに視聴者の満足度を高めるか、そしてYouTubeから広告を出したくなるチャンネルか?という2軸が大切です。

     

    ・広告掲載への影響

    youtube-seo
    最後は、低評価が広告掲載に影響するかどうかです。

    Googleからの広告の場合は特に影響がないですが、やはり低評価が多いと企業からの広告依頼はされにくくなる可能性が高いです。

    また、チャンネル自体が過激な内容を扱っている場合は、広告掲載以前にアカウントが停止される可能性もあるので注意が必要と言えます。

     

    YouTubeの低評価の影響にどのように対処すべき?

    youtube-seo-research
     

    ここまで見てきたように、実はYouTubeの低評価というものは、検索順位や収益にとって直接影響するものではありません。

    むしろ、アルゴリズム的には何も評価されないよりは、低評価でも付いていた方が良いとされています。

    YouTubeで低評価が付いてしまったことに対しては、過度に影響を恐れる必要はないでしょう。

    一方で、低評価の割合があまりにも高いとYouTubeから評価されにくくなるのも事実です。

    一般的な動画では、高評価:低評価=10:1程が目安とされていますが、これよりも低評価の割合が高い場合は改善の余地があると言えます。

    そこでどのように改善するかですが、これは伸びている動画の分析が非常に大切です。

    自分の中でPDCAサイクルを回すのはもちろん重要ですが、既に実績のある動画の特徴を理解した上で動画作成に取り掛かる方が効果的かつ効率的でしょう。

    しかし、数多ある動画を一つずつ分析するのは非常に手間がかかります。

    そこでおすすめなのが、「YT Rival Finder」というツールを使って分析することです。

    このツールでは、あるキーワードで上位表示されている動画のサムネイル・概要欄・使用タグなどを瞬時に把握することができます。

    伸びている動画を参考にすることで、あなたの動画作成の改善にも活かせるはずです。

    さらに、上位表示されている動画の質があまり高いとは言えない(動画時間が短いなど)という場合はチャンスです。

    より質の高い動画を作成することで、これまで以上の高評価を得られる可能性も十分あると言えるでしょう。

    HPでは具体的なプランや使い方も記載してあるので、興味がある方は一度見てみることをおすすめします。
    ytrival-finder
    YT Rival Finder を見てみる

     

    【まとめ】YouTubeの低評価の影響を気にしなくても良い

    youtube-seo-goodcontents
     

    今回は、YouTubeの低評価はチャンネルにどのような影響を与えるのかといったテーマで解説してきました。

    低評価は意外と検索順位・収益に直接影響を与えるものではありません。

    低評価を気にしすぎることなく、視聴者の満足度を向上させる方に焦点を当てた方が良い結果は返ってくるでしょう。

    また、もし現時点で質の高い動画を作成できていないということでお悩みの場合は、動画制作の前に伸びている動画の特徴を分析することをおすすめします。

    YT Rival Finderを使えば、サムネ・タイトルワード・動画需要・競合の動画投稿本数などを瞬時に把握できるので、再生回数がとれやすい動画を見つけて、新規の動画作成に活かすことができるでしょう。

    動画投稿されている方は、低評価よりも、より良い動画を作成する方に目を向けて、これからも取り組んでいきましょう。

    Rival Finderで伸びやすい動画を分析してみる

    記事の監修

    ジン

    YouTube運営のノウハウやニュース、コミュニティ設計について.│漫画動画ch(事業譲渡済),Vtuberを使ったアフィ(7桁)など多数.│メルマガでは各種SNSの運営手法やTwitterで書ききれない話を発信中(毎週土曜,19:00).│再生回数が上昇するYouTubeツール→https://tube-box.com

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です