youtubeの評価がチャンネルに与える影響は?

youtube-rating-impact

YouTubeに投稿した動画の評価はクリエイターなら誰しも気になるものです。

特に低評価が多いと尚更。

今回は、評価に関する前提知識から実際にどのくらいの影響を与えるのか、またYouTubeが公式に発表している評価に関する今後の方針等について解説していきます。

本記事のポイント

  • YouTubeの低評価の数は再生回数と基本的に比例する
  • 評価が直接的に何かに影響を与える事はない
  • 悪質な低評価が多い場合には、非表示にも出来る
  • 低評価の対策で有効なのは、視聴者の需要にマッチした動画を投稿する事
  • 視聴者の需要の分析におすすめのツールが「YT Rival Finder」
  • 上位表示されている動画の特徴をまとめて把握出来る

youtube-bad Evaluation dealing

YT Rival Finderをみてみる

 

YouTubeの評価に関する前提知識

YouTubeの評価がチャンネルに与える影響云々に関する話をする前に、まずは前提知識を見ていきます。

誰が評価をしたかは分からない

YouTubeに投稿した動画に寄せられた評価に関しては、チャンネル運営者は誰が行ったものかを把握する事は出来ません。

youtube-content valuation

視聴者側には上記画像のように評価の数しか表示されていませんが、チャンネル運営者も同じ。

動画投稿者も評価のカウントのみ把握する事が出来ます。

視聴者側は「高く評価した動画」から、高評価したコンテンツを確認する事が可能。

youtube-Highly rated content

上記の「高く評価した動画」を自身のチャンネルで公開している場合には、投稿者をはじめ他のユーザーから高評価したコンテンツが見られるように。

公開している場合には、下記のような形で表示されます。

youtube-playback list

ちなみに高く評価した動画を公開したくない場合には、「設定」の「プライバシー」の中の」「保存した再生リストをすべて非公開にする」のチェックを入れると非公開に出来ます。

youtube-Highly rated content-hide

1つのアカウントにつき1評価

YouTubeの評価は1つのアカウントにつき1評価のみ。

つまり1つのアカウントで何度も低評価をする等の荒らしは通用しません。

荒らしや嫌がらせ目的の人は、複数のアカウントを使用して低評価を押していると思われます。

低評価の数は再生回数と比例する場合が多い

再生回数が増加する程、比例して低評価の数も増える傾向が高いです。

例えば一般的に好感度が高くアンチが少ないYouTuberであるHikakinさんの動画を見ると、低評価が約2600付いています。

youtube-hikakin-Low rating

動画の内容は炎上するような内容ではないのに、これだけの低評価が付いているのです。

そもそも再生回数が多ければ低評価は自然と多くなるので、一概に「低評価の数が多い=動画の評価が低い」と考える必要はありません。

上記のHikakinさんの動画は高評価が17万も付いているので、「高評価:低評価=68:1」くらい。一般的に10:1くらいが標準だと考えられているので、異常に高評価の数が多いですね。

動画の内容とは関係の無い感情や単純に押し間違えで低評価が押された事も考えられるので、単純に数のみを当てにする必要は無いと言えます。

YouTubeの評価は何に影響するのか

YouTubeに投稿した動画に低評価が多くついていて、何か悪い影響があるのではないか心配している人は多いのではないかと思います。

特に多いのが検索順位への影響。

YouTubeで低評価が多いと、何かキーワードで検索した際に上位表示される可能性が低くなるのでは、という不安です。

しかし結論から言うと、YouTubeの各動画の評価が直接的に何かに影響を与える事はありません。

というのも、YouTubeで低評価が多い動画が必ずしも質の低いコンテンツだとは限りません。

仮に低評価が検索順位に直接的影響を与えると仮定すると、登録者数が多いチャンネルはそもそも再生数が多いので自然と低評価の数が多くなりますし、競合が作為的にBad評価をする手法もまかり通ってしまいます。

例えば6月末に複数のYouTuberがコロナ禍の中で飲み会をしていたのが文春に報じられた件で、参加していた人達は謝罪動画を上げています。

YouTubeで「謝罪」と調べてみると、ご覧のように必ずしも高評価率が高い動画が上位にきていない事が分かります。

youtube-apology video-High evaluation rate

(ちなみに上記画像のような各動画の高評価率は、「vidIQ」というGoogle拡張機能を導入すると表示できるようになります)

つまり評価はYouTubeの検索順位等に直接的な影響はないのです。

ただ低評価が間接的に影響を与える事は考えられます。

YouTubeの動画に低評価が多いと「動画の質が悪いのではないか」と思う視聴者も一定数存在します。

すると動画の序盤であっても「動画を見る価値があるのかな・・」と判断され、離脱し視聴維持率が悪化。間接的に検索順位に悪影響を与えるのです。

(おそらく先程の謝罪動画の例で高評価率が22%のコンテンツが上位表示されていたのは、大抵の人が最後まで見て視聴維持率が高かったからなのではと考えられます。)

海外では子供向けの音楽動画が多くの低評価を受けている例もあります。

小さい子供は親のデバイスを使ってYouTubeを視聴する上に、何度も反復して見ます。すると親のユーチューブの関連動画が似たコンテンツばかりになり嫌気がさして低評価を押している事が影響していると言われています。

youtube-overseas kids content

上記の動画にも、何度もリピートして見るので視聴回数が異常に高く、高評価率が低い特徴が表れていますよね。

このように低評価が押される背景は、単純にコンテンツの質が悪いだけではないのです。

動画の評価が直接的に何かに影響を与える事はありませんが、間接的に悪い方向に働く事はあるので、低評価が少ないに越したとはないと言えます。

YouTubeで低評価を付けられた時の対処法

仮に荒らしや嫌がらせ目的の人から、低評価を付けられた場合にどのように対処すれば良いか分からない人も多いかと思います。

一度嫌がらせ目的の人から目を付けられると、後に出す動画全てに低評価を押される可能性が非常に高いので、チャンネルの影響に影響を与える可能性も出てきます。

しかし、今回の記事の最初にも書いた通り、YouTubeでは評価を付けた人を特定する事は出来ません。

仮に悪質な低評価を付けられても、基本的には対処する方法は皆無。

YouTubeの評価が直接的に何かに影響を与える事はないので、気にしないのが一番です。

YouTubeも視聴維持率のデータを元にして嫌がらせや荒らし目的のユーザーにはペナルティを与えて削除しているので、いつか無くなると考えておくようにしましょう。

ただ単純に動画の質が低いのが原因で低評価を付けられている可能性もあるので、あまりにもBad評価が多い場合には、視聴者の需要を更に考えてコンテンツを作成するのが効果的。

視聴者の需要は現在伸びている動画が示しているので、既に実績のあるコンテンツの特徴を理解した上で制作に取り掛かる方が効果的かつ効率的でしょう。

しかし全ての動画を1つずつ分析するのは非常に手間がかかる上に、時間がいくらあっても足りません。

おすすめは「YT Rival Finder」というツールを使って分析する事。

YT Rival Finderなら、YouTubeで上位表示されている動画の概要欄やサムネイルをまとめて把握する事が可能です。

yt rival finder-muscle

自身の出した動画と伸びている動画を比較する事で、視聴者の需要を把握して低評価数の改善に活かせるはず。

効果的な使い方が分からない人は、右下のボタンから運営者に直接相談出来る点も魅力。低評価が多く悩んでいる人は、一度試してみて下さい。

YT Rival Finderを使って低評価の改善を行う

YouTubeの評価は非表示に出来る

YouTubeの低評価が多いと、視聴者に質の低いコンテンツなのではと思われて視聴維持率が下がる可能性があると解説しましたが、評価は非表示にする事が可能。

評価の数を表示していない動画はご覧のように表示されます。

youtube-Evaluation-hide

(評価を非表示にしているチャンネルは、vidIQを使っても高評価率を確かめる事は出来ません。)

YouTube Studioの中で投稿者は評価の数字を確認する事が出来ます。

つまり視聴者には評価の数を見せずに、投稿者のみ把握する事が可能だという事。仮に嫌がらせで低評価が大量に押されても、視聴者側には見えないので「低評価多いからもっと低評価付けてやろう」というような嫌がらせの影響を受ける事がありません。

ただ質の高いコンテンツを投稿していて高評価の数が多いのに非表示にするのは勿体無いですし、視聴者も非表示にしているチャンネルだと異常に低評価が多いから表示していないのではと不審に思う事も。

評価を非表示にするやり方には、投稿した動画を個別にする方法と、一括で設定する方法があります。

個別に非表示にする方法

  1. YouTube Studioを開く
  2. 動画一覧を表示
  3. 非表示にしたい動画を選択
  4. 編集画面に移動
  5. 【詳細】タブを押す
  6. 【この動画の評価をユーザーに表示する】にチェックを入れる

一括で非表示にする方法

  1. YouTube Studioを開く
  2. 動画一覧を表示
  3. 上部の「すべて選択」を押す
  4. チェックが入った事を確認して、編集を選択
  5. ユーザーに評価を押して、オフに切り替える
  6. 「動画を更新」を押す

今後公開する動画の評価を表示しないようにしたい人は、「設定」の中の「アップロード動画のデフォルト設定」で「この動画の評価をユーザーに表示する」のチェックを外すと行えます。

youtube-evaluation default hide

またYouTubeは低評価の数字のみを表示しない機能のテストを、一部のクリエイターに対して行なっているようです。

In response to creator feedback around well-being and targeted dislike campaigns, we’re testing a few new designs that don’t show the public dislike count. If you’re part of this small experiment, you might spot one of these designs in the coming weeks.

(日本語訳)

ウェルビーイングやターゲットを絞った「嫌い」キャンペーンに関するクリエイターの皆様からのご意見にお応えして、公開された「嫌い」の数を表示しない新しいデザインをいくつかテストしています。この小さな実験に参加された方は、今後数週間のうちにこれらのデザインを目にすることができるかもしれません

視聴者は低評価を押す事は出来ますが、Bad評価の数を確認出来る事が出来ないようにしているようです。(投稿者はYouTube Studioから低評価の数を把握出来ます。)

上記の取り組みはクリエイターからのフィードバックを受けてのもの。YouTubeも集団で低評価を押す等の嫌がらせは問題だと考えており、対応に試行錯誤している事が分かります。

【まとめ】YouTubeの評価が直接的に影響を与える事はない

YouTubeの評価が何かに直接的に影響を与える事はありません。

基本的には仮に低評価が多くてもあまり気にする必要はありませんが、嫌がらせ目的等で大量にBad評価が付けられた場合には非表示にするのも検討しても良いでしょう。

ただ基本的に低評価の数は少ないに越した事は無いので、作為的な評価以外であまりにも多い場合は視聴者の需要を再度分析して動画を投稿するようにするのがおすすめ。

そんな分析にもってこいのツールが「YT Rival Finder」

上位表示されている動画の概要欄やサムネイル等の特徴をまとめて把握する事が出来ます。自身の出した動画と伸びている動画を比較する事で、視聴者の需要を把握して低評価数の改善に活かせるはずなので是非試してみて下さい。

YT Rival Finderで低評価の対策をする

記事の監修

ジン

YouTube運営のノウハウやニュース、コミュニティ設計について.│漫画動画ch(事業譲渡済),Vtuberを使ったアフィ(7桁)など多数.│メルマガでは各種SNSの運営手法やTwitterで書ききれない話を発信中(毎週土曜,19:00).│再生回数が上昇するYouTubeツール→https://tube-box.com

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です