YouTubeの再生回数を増やす為に試すべき12の施策

YouTube-increase views

YouTubeの再生回数は、収益にも直結するので誰しも気にしている指標でしょう。

しかし再生回数が伸びずに挫折してしまうチャンネルがほとんどなのは事実。

2020年時点でYouTube上には毎分500時間分のコンテンツがアップロードされており、再生回数を増やす事が難しいのは納得出来ます。

今回は、そんな再生回数を増やす為に試すべき12個の施策について。演者の能力を高める等の抽象的な内容を除いて、次の動画から実践できる本当に使えるもののみを厳選して紹介していきます。

本記事のポイント

  • YouTubeの再生回数を増やすには、露出を増やしてクリック率を向上させよう
  • Googleの検索結果は再生回数を伸ばす上で穴場
  • サムネイルとタイトルは、伸びている動画を参考にするのも大切
  • 最も効果が大きいのはキーワードを狙って動画を作成する事
  • キーワード分析におすすめのツールは「YT Rival Finder」
  • 再生回数が伸びる穴場キーワードを簡単に見つけられる

YouTube-views-increase tool

YT Rival Finderを見てみる

YouTubeの再生回数を増やす上での取り組むは大きく2つに分かれる

YouTubeの再生回数を増やす上での取り組みの大部分は、以下の2つが占めます。

  • 露出を増やす
  • クリック率を向上させる

というのも、「YouTubeの再生回数=露出数✖️クリック率」という式で求まります。

例外的に再生リストでの動画の視聴等もありますが、多くのチャンネルで再生回数の本の一部分に過ぎないので、基本的には上記の式で求まると言って良いでしょう。

つまりYouTubeに投稿した動画の再生回数を増やすには、露出を増やしてクリック率を向上させるのが最も直接的に効果のある取り組みになります。

露出を増やす

まずはYouTubeに投稿した動画の露出を増やす方法を見ていきます。

動画の露出といっても、YouTube内だけには限りません。SNSで動画を知ってもらう事も露出に当たります。

キーワードを狙った動画を作る

開設初期のチャンネルは、キーワードを狙って動画を作っていく事で、YouTube内での露出を大きく増やしていく事が出来ます。

例えば「仮想通貨 税金」というキーワードをYouTubeで検索してみます。

youtube-cript tax-top display

ご覧のように2番目に表示されている動画を投稿したチャンネルの登録者数は4670人。

「仮想通貨 税金」の月間インプレッション数を見てみると、49,500もあります。

crypt tax-youtube-impression

上記の動画は8.5万回も再生されているので、登録者と比べて圧倒的に多く見られている事が分かります。おそらく上位表示され、再生回数がどんどん増えていく好循環に入っているのでしょう。

人気のエンタメ系チャンネル等の場合は一定の登録者を抱えているので、企画が面白いか否かで再生されるかが決まります。

しかし開設初期や登録者数の少ないチャンネルは、動画を投稿した所で視聴者には届きません。というのも、投稿した動画がほとんど見られていないので、視聴維持率などのデータが溜まっていないのです。

つまり YouTube側も「どんな人に動画を届ければ良いか」「そもそもどんな動画なのか」が分かっていないという事。

なので比較的弱いチャンネルでも上位表示が可能で、一定の流入が得られそうなキーワードを狙って動画を作成して、データを溜めていく事がYouTubeを伸ばしていく上で効果的な戦略。

狙うキーワードを探すリサーチは、自分のジャンルの中で考えられるワードを実際に1つずつ検索していく必要があるので結構大変。

例えば、YouTubeの検索窓に「仮想通貨」と打ち込むと、ご覧のように多くのサジェストキーワードが表示されます。

youtube-crypt-suggest keyword

これらを実際にYouTubeで検索していくのです。

サジェストキーワードの一番上に表示されている「仮想通貨 初心者」で検索してみて、どんなコンテンツが上位に表示されているかを見てみましょう。

youtube-crypt beginner-top display

やはり「仮想通貨 初心者」はかなり人気のキーワードなので、上位に表示されている動画を投稿しているチャンネルはどれも人気のものばかり。

では更に絞って「仮想通貨 初心者 勉強」で検索してみましょう。

youtube-crypt beginner study-top display

比較的小さめのチャンネルが最上位に表示されています。

上位表示出来ても、視聴者に需要の無いキーワードだと意味が無いので、インプレッションも確認する必要があります。

確認してみた所、「仮想通貨 初心者 勉強」の月間インプレッション数は320。

YouTube-crypt beginner study-impression

つまりあまり多くない事が分かりますね。先程紹介した登録者1250人で1位に表示されている動画の再生回数も約1200回なので、あまり上位表示の恩恵がないように思います。

このような狙うキーワードを見つけるには、以下の2つに着目してリサーチする事が大切。

  • 上位表示のしやすさ(実際に上位表示しているチャンネルの規模や動画の古さ等)
  • どのくらいインプレッションがあるか

ここまでで紹介したようにキーワードのリサーチは自力でも行う事も可能なのですが、何より時間と労力がかかりすぎるので、コンテンツ作成にかけれるリソースが減ってしまい本末転倒になる可能性が高いです。

なのでキーワードのリサーチは、ツールを使用して時短するのが効率的。

YouTubeのリサーチに使えるツールは様々ありますが、特におすすめなのが「YT Rival Finder」。

yt rival finder-crypt-research result

ツール内で「仮想通貨」と検索してみると、ご覧のように1143件のサジェストキーワードに関するデータが表示されます。

各キーワードの月間インプレッション数と関連動画の本数が載っていますね。

「月間Imp/関連動画」の数字が大きければ、月間インプレッションが高い割に関連動画本数が少ない、つまりYouTube内での需要に対して供給が追いついていない穴場キーワードだと判断出来ます。

YT Rival Finderを上手く使うとYouTubeチャンネルを偶発的なバズりではなく、狙って伸ばしていく事が可能になります。

YouTube-views-increase tool

 YT Rival Finderを見てみる

 

Googleの検索結果にも載るようにする

最近はGoogleの検索結果にも、動画が多く表示されています。

google-muscle-research result-youtube video

海外のブログが行った調査によると、Googleの検索結果の1ページ目に表示される動画の94%がYouTubeのものだとか。

In a study of 2.1M searches and 766K videos, YouTube accounted for 94% of all video carousel results on page one of Google, leaving little room for competition.

(日本語訳)
210万件の検索と76万6千本の動画を調査した結果、YouTubeはGoogleの1ページ目に表示される動画カルーセルの結果の94%を占め、競合他社の存在をほとんど感じさせない結果となりました。

(Mozより引用)

Google検索の検索ボリュームは世界一位。

つまりGoogle検索に投稿した動画が表示されると、多くの流入が期待出来ます。

またYouTubeで検索した時に上位表示される動画が、必ずしもGoogleの動画欄に掲載される訳ではありません。

「筋トレ」という検索キーワードで比較しても、全然違いますよね。

youtube google-keyword muscle-difference

ただ全てのキーワードで動画が表示される訳ではありません。

先程紹介した、YouTube内でのキーワードと合わせてGoogle検索で動画が表示されるワードか否かも確認しておく事をおすすめします。

ちなみに、Google検索上の動画の順位も「YT Rival Finder」で確認する事が可能。

YT Rival Finder-muscle-research result

一番右の「動画詳細」をクリックすると、実際にGoogle検索結果上に表示されている動画の情報を見る事が出来ます。

google-muscle-research result-video

つまりGoogleで実際に検索しなくても、どんな動画が何位に表示されているかを確認する事が出来るのです。

YouTube-views-increase tool

 YT Rival Finderを見てみる

関連動画を狙う

多くのチャンネルで流入元の大部分を占めるのは関連動画でしょう。

知っているとは思いますが、YouTubeは再生履歴や検索履歴からそれぞれが興味のあるコンテンツを把握して、インプレッションを分配します。

youtube-recommend-related video

この事はYouTubeヘルプも公表しています。

youtube-Viewing history-infuruence-related video

つまり自分と似たジャンルだったり、視聴者属性が被っていそうなコンテンツの関連動画欄に表示されると、見てもらえる可能性が高くなります。

現在のYouTubeのジャンルはかなり細分化しているので、自分の動画がどんなコンテンツなのかを正確にYouTubeに伝えないと、視聴者属性が被っていない人の画面に表示されクリックしてもらう事が出来ません。

例えば一口に「筋トレ系のコンテンツを見ている人」と言っても、ボディビルダーのように筋肉をとにかく大きくする事を目指している人もいれば、週2回運動不足解消でトレーニングを行なっている人もいる訳です。

youtube-difference training purpose

後者のYouTubeの画面にボディビルダーが行なっているような、きついトレーニングの動画を表示しても、まずクリックしてくれませんし、仮に見られてもすぐに離脱してしまうでしょう。

なのでかなり細かく自分のコンテンツの内容をYouTubeに伝える必要があるのです。

自分の動画がどんなコンテンツなのかを正確にYouTubeに伝えて、適切な関連動画欄に表示されるようになる方法は、こちらの記事で解説しています。

ハッシュタグを最適化する

タイトルの上と動画の説明欄の最下部の2箇所に表示されるハッシュタグ。

youtube-hashtag-display two place

ハッシュタグは、YouTubeに動画の内容を伝える効果があります。

例えば上記画像の場合は、YouTubeはハッシュタグから「ダイエットや筋トレに関する動画なんだ」と判断します。

動画に関連性の高いハッシュタグを付けておく事で、似たコンテンツの関連動画欄に表示されやすくなります。

実際の例を見てみましょう。下記は焼きそば麺を使った油そばの作り方を紹介するコンテンツ。

YouTube-abura soba-recipe video

ハッシュタグにも「油そば」が入っていますね。

関連動画に表示されている別のチャンネルのコンテンツを見てみましょう。

YouTube-abura soba-related video

ご覧の通り、関連欄に表示された別チャンネルのコンテンツは4本ですが、油そばや焼きそばの作り方を紹介しているものでした。

同じチャンネルの似た動画を見てみます。

YouTube-spicy abura soba-recipe video

同じく油そばのレシピ動画ですが、先程とは違い激辛油そばでハッシュタグにも、先程の動画にはなかった「#激辛」が入っています。

関連動画に表示されているコンテンツをみてみましょう。

YouTube-spicy abura soba-related video

別チャンネルの動画は3本でしたが、一番下の動画をみて下さい。

YouTube-spicy recipe-hashtag

ご覧のようにハッシュタグに「激辛」というワードが多く入っています。

最初に紹介した焼きそば麺を使った油そばのレシピ動画の関連欄には、普通の油そばや焼きそばの作り方を紹介するコンテンツしか表示されていませんでした。

しかしハッシュタグに「激辛」という言葉を入れると、このように似たハッシュタグのついた激辛うどんの動画が表示されるのです。

激辛油そばの動画でうどんの麺を使用していた訳でも無いので、油そばとは全く関係のない、激辛繋がりのコンテンツが表示されたという事です。

このようにハッシュタグは、関連動画に表示されるコンテンツに影響を与えるので、競合チャンネルの人気動画がどんなタグを使っているか確認してみると良いでしょう。

チャンネルのハッシュタグを設定する

チャンネルのハッシュタグは、チャンネル自体のジャンル等をYouTubeに認識してもらうのに貢献します。

特にチャンネル開設初期であまり動画を投稿していない段階では、YouTubeにどんなコンテンツを上げるチャンネルか認識して貰えていないので、役に立つ可能性が高いです。

先程紹介した料理系のチャンネルのタグは、このように設定されていました。

youtube-cooking expert-channnel hashtag

関連動画欄に表示されたチャンネルに設定されているタグも見てみましょう。

youtube-cooking video-related content-channnel hashtag

ご覧のように似たようなチャンネルハッシュタグが多く設定されている事が分かります。

同じジャンルや似たコンテンツを投稿する人気の投稿者と同じタグを設定しておく事で、YouTube内での露出の機会は増えるでしょう。

(ちなみに他チャンネルのハッシュタグは、「vidIQ」というGoogle Chromeの拡張機能を導入すると見れるようになります。)

急上昇を狙う

続いて急上昇を狙って掲載される方法です。

当然ですが、YouTubeの急上昇に掲載されると、動画の再生回数は大きく増やす事が出来ます。

ただ知っているかもしれませんが、急上昇が決定されるアルゴリズムの全ては対外的には公表されていません。

しかし急上昇に掲載されている動画のほとんどが2日以内に投稿されたコンテンツである事から、いかに動画を公開してから一定時間で多くのアクションを得られるかが勝負になるのは間違いありません。

自分がいつも投稿している動画に近いジャンルで、ネットニュースやTwitterのトレンドにリアルタイムで上がっているような、話題性の高いものがあれば、狙ってコンテンツを作る事で急上昇に掲載されるかもしれません。

例えば2021年10月13日に急上昇ランク30位に載っていたこちらの動画。

youtube-piano teacher yuki-soaring video

チャンネル登録者数1.79万人と、他の急上昇に載っているチャンネルよりも少ないものの、30位に掲載されてかなり再生されています。

動画の内容であるショパンコンクールはかなり注目度の高いコンクールで、Twitterのトレンドにもなっていました。GoogleTrendを見ると開催期間中の検索数が一気に増えている事が分かります。

YouTube-Chopin Competition-google trend

動画投稿者は、動画の内容である2次予選が終わってからすぐに動画を投稿し、ショパンコンクールに興味のあるユーザーを一気に独占的に集めました。

このようなトレンドの内容は、やはり世間からの注目が強い上に、タイムリーな内容でスピードが必要なので動画を投稿するチャンネルもあまり多くありません。

自分のジャンルと繋がった内容で、トレンドの内容が出ていれば、何か動画を作れないかは常に考えておくのをお勧めします。

SNSで宣伝する

SNSで宣伝するのも、当然ながら有効です。

TwitterでのツイートやInstagramのストーリーで動画投稿を知らせると、普段から自分のコンテンツを見ている可能性の高いフォロワーに動画の更新を知らせる事が出来ます。

最近はYouTubeに投稿する動画の一部を切り取ってtiktokに載せて、チャンネルに誘導するケースが非常に増えています。

中にはtiktokでバズってからYouTubeチャンネルを開設するケースもありますね。「コムドット」や「平成フラミンゴ」等の人気エンタメ系チャンネルもtiktokでバズってからYouTubeを始めました。

ただエンタメ系以外でtiktokを活用してYouTubeを伸ばしていこうとするのはあまりおすすめしません。というのも、tiktokにはTwitterやInstagramとは違い、自分のファンではない人達にも圧倒的にリーチする拡散力があります。

つまり自分達の視聴者層から外れた人達にも届いてしまうのです。

YouTubeは視聴履歴等から、それぞれの人の画面に表示するコンテンツを決めています。

普段は全く違うジャンルの動画を見ている人達が、tiktokの動画を見て大量にYouTubeチャンネルに流入したら、視聴者属性が崩れてしまう訳です。

少し極端な例ですが、仮に自分が大食い系のチャンネルを運営しているとして、tiktokから流入した多くのユーザーがが普段からフィットネス系の動画を視聴している人達だと、視聴者属性が崩れてしまいます。

tiktok-many inflow-negative influence-youtube

結果的にCTRが低下して、再生回数の低下へと繋がる事に。

もちろんエンタメ系以外tiktokを活用してYouTube動画の再生回数を伸ばしているチャンネルもあるので一概には言えませんが、基本的にSNSでは自分のファンを中心にリーチするようにするのが効果的でしょう。

クリック率を向上させる

続いてクリック率を向上させる方法について。

クリック率に影響を与える変数は非常に少ないです。特にサムネイルとタイトルの2つが影響を与える大部分を占めます。

サムネイルの最適化

サムネイルはクリック率に最も大きな影響を与える要素でしょう。

サムネイルで意識すべき要素は以下の3つ。

  1. 色合い
  2. 配置
  3. チャンネル全体での統一感

順番に説明していきます。

①の色合いについては、とにかく目立つ色を使おうという事です。

YouTubeの画面の色合いには、デフォルトの「ライトモード」と「ダークモード」の2種類があります。

youtube-two color mode

どちらも赤・黒・白の3色を基調としています。つまり赤・黒・白の3色をサムネイルにメインに使ってしまうと、YouTubeのレイアウトと同化してしまいます。

例えば、白背景のサムネイルだとライトモードで画面と同化しているように見えてしまいます。

youtube-color-Assimilate with background

また白背景に赤や黒の文字を使うと、文字も見にくいですよね。

どちらのカラーモードの画面でも、目立つような色をサムネイルに使用するのが効果的です。YouTubeで目立つサムネイルの色は以下の4つ。

  • 青(Blue)
  • オレンジ(Orange)
  • 緑(Green)
  • 黄(Yellow)

それぞれの頭文字を取って「BOGYサムネイル」とも言われています。

メインカラーに上記4種類のどれかを使うと、動画を高速スクロールしていてもサムネイルが目立って見え、目に留めてもらいやすくなります。

YouTube-stand out color-thumbnail

少し意外ですが、真っ黒な背景に白や赤文字のみのサムネイルはどちらのカラーモードでも目立つ訳です。

youtube-black background color-thumbnail-stand out

ただ上記画像のように、真っ黒背景に白や赤文字のサムネイルは、何かを報告する際の動画で頻繁に使用されています。

試しにYouTubeで「ご報告」と検索してみると、ご覧のように同じスタイルのサムネイルばかりですよね。

YouTube-report thumbnail-style

視聴者も上記のサムネイルが報告系のコンテンツで利用される事に慣れているので、他の通常の動画で使用すると少し違和感を感じられるかもしれません。

また顔出しをしているか否かやジャンルによっても異なりますが、サムネイルに顔が写っていた方が視聴者の人の目に留まります。

保険の広告に関して行われた調査では、広告の中に人の顔が入っていた方が177%近く高いコンバージョン率を記録したという結果が出ています。

●人の顔はコンバージョン率を向上させる
人間や人間の顔を使った広告は、それらを含まない広告よりも177%高いコンバージョン率をもたらした。

(MarkeZineより引用)

例えば、全て同じような企画ですが、パッと下の画像を見ただけでほとんどの人がHikakinさんの顔を認識すると思います。

youtube-hikakin-thumbnail

なので動画の中でメインに登場している人がいれば、サムネイルの中にも顔を入れるべきだと言えます。

②の配置については、ジャンルによって流行りのものがあります。

例えばランキング系で伸びている動画のサムネイルには、ご覧のような配置がよく使われています。

YouTube-ranking video-thumbnail

また漫画系チャンネルでは、2分割の配置のサムネイルがよく使われていますね。

YouTube-comic channnel-two split thumbnail

このようにジャンル毎によく使われている配置は異なるので、自分のジャンルの中で伸びている動画のサムネイルを参考にするのが有効です。

①,②で紹介した色や構図は当然大切ですが、最も重要なのは③のチャンネル全体の統一感かもしれません。

チャンネル全体でサムネイルに統一感があれば、ファンならYouTubeを開いた時に出てきたら動画をクリックしたくなるのでクリック率が向上します。

チャンネル全体でサムネイルに統一感を持たせて上手くいっている代表例は「THE FIRST TAKE」。

YouTube-THE FIRST TAKE thumbnail

サムネイル内で使用されている色は違うものの、統一感がある感じがよく分かりますよね。

人気エンタメ系チャンネルのように演者に圧倒的な知名度がある場合には、サムネイルに顔を出していれば、YouTubeを高速スクロールしている間にも目に留まります。

しかしそうでない場合は、サムネイルをパッと見ただけで、「あのチャンネルだ!」と認識してもらう為には、統一感が不可欠。

YouTube- Thumbnail with a sense of unity

「THE FIRST TAKE」は、多くのサムネイルが並んでいても、視聴者が一目で「あ、前に見た〇〇のチャンネルだ」と判別出来るように設計されています。

子供向けのアニメで1億人以上の登録者を抱えている「Cocomelon – Nursery Rhymes」も、全てのサムネイルの左下に共通のイラストを入れて統一感を持たせています。

youtube-Cocomelon - Nursery Rhymes- Thumbnail

タイトルの最適化

サムネイルと並んでクリック率に大きな影響を与えるのが、タイトル。

タイトルの基本的な考え方は、コンテンツの内容とサムネイルと合うようにする事。

例えば、下の動画が出てきたらどう思うでしょう。

YouTube-title Thumbnail-not match

タイトルとサムネイルが一致していなく、違和感を感じますよね。

YouTube-title Thumbnail-match example

同じサムネイルでも、上記の場合なら違和感は感じないはずです。

ジャンルにもよりますがタイトルには、以下3つの要素が入っているとクリック率が上がると言われています。

  1. パワーワード
  2. 数字
  3. 成果

パワーワードとは、「必見!」のようなもの。よくYouTubeのタイトルでは【】で囲まれて入っていますよね。

youtube-power word-title

他にもパワーワードには、次のような言葉が。

  • 驚愕
  • 厳禁
  • 暴露
  • ・・・・

上記のような単語だけでなく、とにかくインパクトがあればパワーワードです。

パワーワード以外の2つの要素については、YouTubeで「トレーニング」と検索して、上位に表示された動画のタイトルを見てみます。

YouTube-training-top display-video title

「パワーワード」「数字」「成果」の3つが全ての動画のタイトルに入っています。

数字や成果は動画の内容によってタイトルに入れる事が出来ない場合もあるでしょう。しかしパワーワードはほとんどのケースで入れられます。

もちろん必ず入れないと伸びない訳ではありませんが、最低でもどれか1つは入れる事を心掛けてみると良いでしょう。

更に具体的な効果のあるタイトルの付け方を知りたい人は、こちらの記事からどうぞ。

チャンネルアイコンを設定する

チャンネルアイコンを軽視している人は多いですが、意外と再生回数を増やす上では重要な要素です。

というのもチャンネルアイコンは、YouTube上の本当に様々な箇所に表示されます。

youtube-channnel icon

視聴者も何度もチャンネルアイコンを目にしているので、よく見るチャンネルならアイコンを見ただけで把握出来ます。

エンタメ系の人気YouTuberもチャンネルアイコンを変える事はほとんど無いですよね。アイコンはチャンネルのいわば顔なのです。

基本的にチャンネルで個人を打ち出している場合は顔写真、ブランドアカウントの場合はロゴ等を使用するのが良いでしょう。

アイコンに設定した画像がぼやけていたりすると、チャンネル自体が少し安っぽい印象になります。

YouTube-Blurred channnel icon

また、サムネイルと同様にYouTubeで画面で使われている「白・赤・黒」を使うと背景に同化してしまうので、目立つ「青・オレンジ・緑・黄」を使うと目立って良いかもしれません。

youtube-news channnel-icon

上記は全てニュースに関する動画ですが、一番左と右のチャンネルのアイコンが背景に目立つ色を使っていて、パッと見た時に目立って見えますよね。逆に真ん中の2つは背景と同化しています。

かなり細かいですが、アイコンはチャンネルの顔なので、しっかりと設定しておくと結果的に再生回数が増える事にも繋がります。

その他

ここからは、露出を増やす・クリック率を上げる以外でYouTubeの再生回数を増やす事の出来る施策を紹介していきます。

ファン化の為のコンテンツを投稿しておく

YouTubeチャンネルを訪れてくれたユーザーが、登録してくれると今度投稿する動画も見てくれる可能性が高まりますよね。

  1. なんとなくYouTubeの画面上に出てきたのをクリックする
  2. 見たら面白いから別の動画も見てみる
  3. 面白いから登録しようかな

大抵のチャンネル登録までの流れはこのような感じ。

ただ最近は圧倒的にYouTubeチャンネルの数が増えており、それぞれが面白いと感じるコンテンツは山のようにあります。なので長期的に見てもらうには、単に面白いよりもファンになってもらうのが大切。

グッとファンに近づける為には、ファン化の為のコンテンツを投稿しておくのが効果的なのです。

伸びているチャンネルでは、ファン化の為のコンテンツを投稿している事が多いです。

例えば、営業ノウハウや金融知識を解説している「宋世羅の羅針盤ちゃんねる」。

自分が産まれた時から現在に至るまでの人生を、時々の心情等を交えた動画を投稿しています。

YouTube-introduce myself-video

また人気のエンタメ系チャンネルでも、ファン化の為のコンテンツを投稿しているケースは非常に多いです。

YouTube-entertainment channnel-fan content

ファン化の為のコンテンツに使える内容は、以下のようなもの。

  • 過去の話
  • コンプレックス
  • チャンネルをやっている意義

簡単に言うと、自己開示ですね。

またこのようなファン化のコンテンツは、チャンネルのトップページに置いておくのがおすすめ。

youtube channnel-top page

宋世羅の羅針盤ちゃんねる」でもチャンネルのトップに置いていますね。

youtube-sonsera-channnel top page

他にも「年収チャンネル」も、チャンネルを通して伝えたいメッセージを話したコンテンツをトップに置いています。

youtube-nennsyuu channnel-fan content

トップに置いておくと他の動画を見てチャンネルページを見た時に、すぐに目に入ります。

投稿時間を工夫する

YouTubeに動画を投稿する時間も再生回数を増やすには非常に大事な要素。

様々な企業が調査をしていますが、基本的には19~21時が最も多くの人がYouTubeで動画を見る時間だと言われています。

なので多くのチャンネルが19時になると一斉に動画を投稿しています。

youtube-many channnel-upload 19 time

もちろんYouTube内にユーザーが最も多い時間帯である19時に投稿するのは悪い事ではありませんが、他の多くのチャンネルのコンテンツと視聴者の奪い合いになります。

投稿時間を決める際には、自分のチャンネルの視聴者層の生活を具体的に想像してみましょう。

例えば、ビジネス系で音声のみで成立しているコンテンツなら、早朝の通勤時間帯に投稿する事で電車の中で聞き流しで見てもらえるかもしれません。

「英語の耳」というチャンネルでは、毎朝6時に動画を投稿しています。

YouTube-english eye-channnel

聞き流しの英語なので朝の移動時間に聞けますね。英語学習のコンテンツなので、視聴者の年齢層も比較的高いはずです。

このようにコンテンツの内容や視聴者層によって、動画投稿に適した時間帯は異なるのです。

またちょっとしたテクニックとして、競合チャンネルが動画を投稿する時間よりも数分遅らせる方法もあります。

例えば多くのチャンネルが19時に動画を投稿するので、19時2分にアップロードしてみる等。

youtube-smart phone-channnel register

すると、動画欄の一番上に表示されます。

特にスマホで見ている場合には、登録チャンネル画面で動画は縦一列に並んでいます。YouTubeのユーザーは多くのチャンネルを投稿しているので、19時になって動画欄を下までスクロールするのは少し面倒に感じます。

つまり少し動画投稿時間を遅らせると、動画欄の一番上に表示されて再生回数が増える可能性があるのです。

YouTubeの再生回数を増やす上でのNG行為

YouTubeの再生回数を増やす事の出来る施策をずっと紹介して来ましたが、一見視聴回数を増やせるかもしれないと思いがちなNG行為もいくつかあります。

知らない内に使用していると、いつの間にかチャンネル自体がBANされる可能性もあるので、しっかり目を通していって下さい。

クリックベイトを利用する

YouTubeにおけるクリックベイトとは、動画をクリックしてもらう為にコンテンツとは関連性の低い、煽るようなタイトルやサムネイルを設定する事。

YouTube-clickbait-video

YouTubeヘルプにもご覧のように、やってはいけない事として記載されています。

  • 誤解を招くメタデータやサムネイル: タイトル、サムネイル、説明、タグを使用して、コンテンツが別のものであるかのように見せかける。

YouTubeヘルプより引用

上記画像の動画もかなり再生回数が多い事からも分かるように、クリックベイトを使うと視聴回数を増やす事が出来るのは間違いありません。

ただ長期的にチャンネルを伸ばしていくに当たっては、使用しない方が良いでしょう。

実際、先程の2つの動画の評価やコメント欄は悲惨なものになっています。

youtube-clickbait vide-evaluation

低評価が多いから動画の露出が少なくなくなる訳ではありませんが、そもそもYouTubeヘルプにやってはいけない事として記載されている時点で、クリックベイトを使用してチャンネルがアルゴリズム上で優遇されるようになる訳がありません。

また多くの人に通報されて、動画が削除されたりチャンネルが垢BANされる可能性も。

一時の再生回数の増加を狙ってクリックベイトを使用するのは、絶対にやめましょう。

再生回数を購入する

知っている方も多いかと思いますが、YouTubeの再生回数、実は販売しています。

Googleで「再生回数 購入」等のキーワードで検索してみて下さい。

google-views purchase-research result

ご覧のように、普通に再生回数を購入できるサービスが出てきます。

しかし当然ですが、YouTubeの再生回数を購入するのは規約違反。

YouTubeヘルプにも記載されています。

自動システムを使用して、または何の疑いも持たない視聴者に動画を示して、視聴回数、高評価数、コメント数、その他の統計数を人為的に増やそうとする行為は、YouTube では許可されていません。また、エンゲージメント(視聴回数、高評価数、コメントなど)を得るためだけに視聴者を呼び込むコンテンツは禁止されています。

YouTubeヘルプより引用

再生回数を購入するのは「試聴回数を人為的に増やそうとする行為」に該当します。

実際に再生回数を購入した人の情報によると、増えた視聴の大部分は海外からのものだったそう。

YouTube-purchase views-increase Viewing from overseas

普通に日本語で動画を投稿していたら、視聴のほとんどは日本国内からのもの。

視聴回数を購入してもバレないと思うかもしれませんが、急に海外からの視聴が増えたらYouTubeも不審に思い見つかるに決まってます。

ひどい場合にはアカウントが停止される事になるので、リスクが高過ぎます。お金を使って視聴回数を増やすのは絶対にしないほうが良いでしょう。

【まとめ】YouTubeの再生回数を増やす為に出来ることは沢山ある

YouTubeの再生回数を増やす為に試すべき12の施策を紹介してきました。

再生回数を増やす上での取り組みは、動画の露出を増やすのとクリック率を向上させる事の2つに大きく分かれますが、どちらも大切。

タイトルやサムネイルの変更等は動画公開後でも出来るので「動画をアップロードして終わり!」ではありません。

またキーワードを狙って動画を投稿するのは、再生回数を増やす上で非常に強力かつ実際に行っているチャンネルも少ないので、上手くやると一気に伸ばしていく事が可能。

ただかなり時間と労力がかかるので、人力で行うのは非効率的でしょう。

キーワードリサーチを自動化出来るツール「YT Rival Finder」を使って時短で分析を行い、再生回数を大きく伸ばしていきましょう。

YouTube-views-increase tool

YT Rival Finderを見てみる

記事の監修

ジン

YouTube運営のノウハウやニュース、コミュニティ設計について.│漫画動画ch(事業譲渡済),Vtuberを使ったアフィ(7桁)など多数.│メルマガでは各種SNSの運営手法やTwitterで書ききれない話を発信中(毎週土曜,19:00).│再生回数が上昇するYouTubeツール→https://tube-box.com

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です